←セミナーのご案内 TOPに戻る

第89回飛翔法務セミナー21

Part1 三島 大樹
 「民法(債権関係)改正成立から1年。
         定型約款への対応のポイント」

Part2 五島 洋
 「基礎から理解するM&Aの進め方と重要ポイント」

当事務所の定例セミナーのご案内です。

■日時
平成30年11月20日(火)
18時30分〜20時30分(18時に受付開始)
セミナー終了後に懇親会を開催致します。

■場所
ガーデンシティクラブ大阪(ハービスOSAKA 6F)
大阪市北区梅田2-5-25(アクセスマップ

■テーマ
Part1 三島 大樹
 「民法(債権関係)改正成立から1年。
         定型約款への対応のポイント」
◆民法改正で新設された定型約款について、法改正後の議論を踏まえ、解説します。
◆不当条項を規定した場合の企業側のリスク、その対処法について解説します。

Part2 五島 洋
 「基礎から理解するM&Aの進め方と重要ポイント」
◆圧倒的な取り扱い量を誇る専門弁護士の立場からM&Aの実務ポイントを解説します。
◆M&Aに慣れていない方にも分かり易く、会社又は事業を売る場合、買う場合の具体的手順を説明します。

■参加費
1000円
但し、懇親会のご参加は別途実費(3000円)を頂戴します。

■お問い合わせ・お申し込みは以下よりお願い致します。
(お申し込みに際しては、懇親会へのご出席の有無を「お問い合わせ内容」欄にご記入ください)

お申し込みはこちら

ページのtopへ